オリジナルTシャツ作製の成功例と失敗例のまとめ

オリジナルTシャツとは自身でデザインしたイラストや文字、お気に入りの写真などを自由にレイアウトすることができる世界で一つの自分だけのTシャツです。これらは、写真のプリントショップやネットサイトにてオーダーすることができます。アイテムも半袖のTシャツだけでなく、長袖やエプロン、バッグなど様々な種類が用意されていますので、自由度が高く自分の好みのアイテムを探せるのではないでしょうか。業者によってサービスも特色があります。とにかく仕上がりが早いとか、価格の安さを売りにするところもあれば、丁寧に時間をかけて打ち合わせし、高品質で美しい仕上がり強みにする業者もあります。求めるポイントも人それぞれですので、自身が重視する点を丁寧に行っている業者を選ぶことが成功のポイントでしょう。

様々なシーンで活躍するオリジナルTシャツ

どういった用途でオリジナルTシャツは使われることが多いのでしょうか。多く利用されている例としては学校の文化祭で使うクラスでお揃いのオリジナルTシャツを作るケースです。クラス全員で同じTシャツを着用することで、団結力が強まり、モチベーションも高まりますから、文化祭にはうってつけでしょう。Tシャツの素材も多岐にわたっているので、サッカーなどのスポーツクラブで使う場合にはドライ素材のTシャツをチョイスするなど選択肢が多くあります。イベントなどでは商品のアピールのために使ったり、スタッフ用としても重宝されています。作製枚数が多いほど、一枚当たりの価格が安くなりますので、多く作った方がお得な感じがしますが、個人の思い出作りのために一枚から作製する方も少なくありません。

オリジナルTシャツを作製する際のポイントとは

オリジナルTシャツのデザインは自由度が高く、イラストや文字、画像などをプリントすることができます。プリントに加えて刺繍を入れるオプションなどのある業者もあります。イラストを使用する場合でも、パソコンで作成したイラストのデータや手書きの元絵からおこすことも可能です。完全オリジナルとしてデザインを考えるにはハードルが高いという方にはある程度決まったデザインの中から、文字やイラストを当てはめるだけのものや、イメージを伝えてデザインをおこしてもらうサービスのある業者もありますので、気軽に利用することができます。出来上がってからこんなはずではなかったということにならないように、仕上がりのイメージ確認は必ず事前に行いましょう。枚数や加工によって金額も様々ですので、見積もりをしっかりと取ることも重要です。