催眠療法の日本と欧米の現況

催眠療法は比較的に安全な精神療法と言われており、特に欧米で広く用いられています。俗に言う前世療法もこの催眠療法の一種と言われています。特に医師免許などの資格も必要としないため誰でもすぐに習得さえすれば始められるのでこれが欧米で広まった要因とも言われています。日本においては、やはり必要な資格などは特になく催眠技能士の認定という程度になっています。よく、テレビなどで小さい子どもが前世療法によってまだ覚えてもない言葉や異国の言語を話し始めたり、今までにいったことのない場所の事を詳細に話したり、自分が生まれるずっと以前の出来事をまるでその場に居合わせていたかのように話始めたりするのを目にします。第三者的な視点で見るとなかなか肯定するのが難しいですが、精神疾患の治療や警察捜査にも用いられ始めている事を考えると否定的な意見だけではいけないのだと感じます。

催眠療法でトラウマを克服

催眠と聞くと、何だか恐ろしい物のように感じてしまうかもしれませんが、実は意外と身近な治療法の一つです。心療内科やカウンセリングサロン等では、カウンセリングの一環として行っているところもあります。さて、この治療法ですが、過去のトラウマに苦しむ方達にとって、有効な治療法の一つとして注目が集まっています。心に受けたダメージがフラッシュバックとなって現れたり、不眠、幻覚等の辛い症状を引き起こすトラウマ。ではどうして人はトラウマを抱えてしまうのでしょうか。通常、人は心に深いダメージを受けると、自身の心を守るために心の奥底に辛い体験や経験を仕舞い込むという防御反応を無意識に行います。ダメージが小さければそのまま忘れてしまいますが、より辛い経験をした場合は、トラウマとして心の奥底に残ってしまう事があります。これがとても厄介で、症状が重い人は日常生活に支障をきたす事もあります。そこで催眠療法が注目を浴びているというわけです。この治療法は、トラウマを抱えた人を催眠状態にし、潜在意識の奥底にあるトラウマの原因を突き止め、適切なカウンセリングで治療していくという物。催眠状態であれば人は建前や恥ずかしいといった感情も出て来ないため、その人の本当の姿が分かります。トラウマに苦しんでいるなら、一人で悩まず、ぜひ一度心療内科、カウンセリングサロンに相談に行くと良いでしょう。

現代の催眠療法について

催眠療法とは、催眠を用いることで統合失調症や過去のトラウマを原因とする心身の不調などを治療します。現代社会においてこれら精神的な問題を原因とする不調を持つ人が急増しており、催眠療法を用いた治療にかかる期待は非常に大きいと言えます。催眠それ自体は安全性があり副作用もありませんので、今のところ日本はもちろん催眠の先進国である欧米の国々でも国家資格は存在しません。米国においては博士号が存在します。日本においては医師の国家資格を取得する際に催眠の理論、技能などを習得する必要はありませんが、精神科の医師などが個人の責任と判断で治療に活かしています。日本において、今のところ資格としては日本催眠心理学会認定の催眠技能士があります。催眠技能士の主な職場は精神科の開業クリニック、リハビリテーションセンター、福祉施設、カウセリング相談所、医療現場などです。

意識の仕組みを活用して、幸せな人生をご提案します。 他社とは違い、催眠療法にて本当の自分に気付いたり考えたりする機会を得られるので、まずは少しでもいいので体感してください。 我が社では、キャンペーンや特典、イベントが多くございますので、是非、私達と人生の幸せな一時を楽しみましょう。 催眠療法と瞑想法なら東京のラディアンス